読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上がったり下がったり

上がったり下がったりの記録

待っているつもりはないけど。

待っているわけじゃないの。

でもいつの間にか待っている状態に。

 

彼のことが好きだった、私は毎回情熱的に好きになるけど、その中でも本当に、私的には非の打ち所がないひとで、この人以上はいないと、そう思った。

 

出会った時は友達の好きな男だった。

好きなひとだと、紹介された。

事前にしょうもないエピソードを聞かされていた私は、しょうもない男だな、そんなにいい人かしら、と思った。

私は次の予定のため、お披露目を早めに抜けてタクシーで帰ってしまった。

次の日から、彼からの連絡が続いた。

事前情報とともに、自信家なちゃらめな男性にも免疫があり、さほど相手にもせず、誘いをのらりくらりとかわしていた。

それでも。

心のなんかしらの隙間があった時に彼の誘いに応じたことが、それから数年、彼だけが好きなひとになってしまう転機だった。