読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上がったり下がったり

上がったり下がったりの記録

誤算か思い通りか。

あの時、壊してしまえと思った通りに壊れたから、もうそれで、いいんだ。

誤算がいくつかあったけどね。

ごめんなさい。

ごめんなさいごめんなさい。

本当に、ごめんなさい。

言われてきたことが身にしみる。

気をつけないといけないことだったね。

満身創痍

心も身体も疲れてしまいました疲れてしまいました(ᵔᴥᵔ)

待っているつもりはないけど。

待っているわけじゃないの。

でもいつの間にか待っている状態に。

 

彼のことが好きだった、私は毎回情熱的に好きになるけど、その中でも本当に、私的には非の打ち所がないひとで、この人以上はいないと、そう思った。

 

出会った時は友達の好きな男だった。

好きなひとだと、紹介された。

事前にしょうもないエピソードを聞かされていた私は、しょうもない男だな、そんなにいい人かしら、と思った。

私は次の予定のため、お披露目を早めに抜けてタクシーで帰ってしまった。

次の日から、彼からの連絡が続いた。

事前情報とともに、自信家なちゃらめな男性にも免疫があり、さほど相手にもせず、誘いをのらりくらりとかわしていた。

それでも。

心のなんかしらの隙間があった時に彼の誘いに応じたことが、それから数年、彼だけが好きなひとになってしまう転機だった。

 

働き方改革ってどうなの?

働き方改革働き方改革と、

ニュースを見ない私としては、会社が言ってることだとばかり思っていたら社会全体の催しだったのね。

私の会社では。

まず方向性が間違っていて。

頭が悪い上層部に頭が悪い部下。

みんなで一緒にイベント参加で仲良くなるだなんて時代錯誤甚だしい。

それは上は企画して自己満で。

下はサラリーマンで断れない。

無駄なお金出費して。

ただでさえ給料安いのに、傾斜も微妙。

つまらない話を聞いてあげて、お金払ってマズイご飯を食べる。最悪!

 

今時の子は、と言われたら、時代は流れています。と思うよ、今時の子だったら。

 

更につまらんイベントのために残業代使って、日程やら予約やら、くじ引きやらを作り出す始末。イベント係がまた仕事が遅い。

遊びの企画も残業代使って行うなんて、働き方改革なんて本末転倒ですよ。

給料泥棒。